2023-01

日記

四墓の扱い方

四柱推命において、生まれた月、月支を考える場合、土の月をどう扱うかが問題になる。 四季はそれぞれ、春は木、夏は火、秋は金、冬は水、シンプルですねぇ。 で、土はそれぞれの間に入っていると考えられてます。 だから、春は寅卯月...
日記

占いが人を惹き付ける理由・・・認知的不協和(cognitive dissonance)

人間ってなんで占いに惹きつけられるのでしょう? 弱い人が頼るから?いやそんなことないでしょう。 会社の社長さんも占いというか迷信というか、ジンクスを大事にする人多いですよね。 重要なことを占いに頼みすぎて会社がダメになっ...
日記

四柱推命と確率論

各命式に必要な用神は何か。奥義のようにして実際基礎中の基礎、というか、これがわからなくては何も始まらないものです。 日干がどのくらい通根しているかで、命式の身旺、身弱を判断する。 大体、根が2つ以上なら身旺、1つなら身...
四柱推命事始め

四柱推命事始め#2 甲日辰月生まれ

辰月などの土の季節は、なんだかんだで、すべての五行に絡んできます。 春月の木が漏れてきますし、夏月の火の予感もある。 土だから当然土の要素もある。 水はというと、そうですね、水局三合のことを考えると、水はあるでしょう。 ...
四柱推命事始め

四柱推命事始め#1 甲日春月生まれ

あけましておめでとうございます。 新年あけて、うーん、やっぱり四柱推命のこと、いろいろと見直してみたいなという気分になってきました。 なんでも習慣、ということで、今日から、生まれ日の日干と、生まれ月の月支の組み合わせで、1つ1...
タイトルとURLをコピーしました