エクセルで年干支を出す

日記

お昼過ぎ、突然みぃ~さんが推命庵に飛び込んできました。

な、なにごと?

みぃ~さん
みぃ~さん

せんせい~

私の持っている泰山流の万年暦が、2023年でおわっているんですぅ。

来年まではいいとして、再来年以降どうすればいいんでしょー

えらく古い万年暦を大事にもってたんですね。

どれどれ?あ、当たり前だけど、令和にもなってませんね。

ふぅ~先生
ふぅ~先生

まぁまぁ、

一度、エクセルを使って、簡単に万年暦をだしてみてはどうですか?

とりあえずは、簡単なところで年干支とか。

あんまり慌てることないんですよ。1つ1つやれば。

今年は2022年、壬寅ですよね。

ということは、来年は2023年、癸卯となります。

じゃあ次は?

みぃ~さん
みぃ~さん

それくらいわかりますよ。2024年は甲辰でしょう。

エクセルでどうやるんですか?

うーんと、ここまではやってみましたけど。見てください。

みぃ~さん、推命庵にあるノートパソコンを勝手に開けて、エクセルでささっと、上のような表を作りました。

ふぅ~先生
ふぅ~先生

そこまでできているんだったら簡単です。

こうやって選択して、端をもってぐぐっと下に引っ張ればいいんです。

こうやって選択して・・・
右下の端をもってぐぐっと下にやると・・・ほらね
みぃ~さん
みぃ~さん

す、すごい。あっという間に2033年まで、年干支が出た!

でもなぁ~。ウェブやアプリでやるのって、年の箱の中に数字をいれて、

ぽちっと押したら干支がでるんですよね。あんなのないんですか?

いやはや、みぃ~さんもあれこれといいますね。

ま、わかりますよ。縦長すぎますしね。

たとえば、西暦から令和を出すとしますよね。西暦が2022年とします。

この令和のところにちゃんと4年と出すにはどうすればいいですか?

みぃ~さん
みぃ~さん

私も一応OLですからね。エクセルは慣れているんですよ!

うんと、=とかいれて、数式を作るんですよ。

たとえば、2022-2018=4だから・・・

お、さすがみぃ~さん、さらさらと入力してますね。

こうして=で数式をいれると・・・
ほーらね (by みぃ~さん)

お、できましたね。じゃあその調子で年の干を出してみてください。

みぃ~さん
みぃ~さん

え~、それは難しすぎる。。。

きっとエクセルの関数をつかうんですよね。

なにかなぁ、これかなぁ、INDEXかなぁ。

みぃ~さん、なかなかいい線いってますよ。

こうやって横にあんちょこのように十干のテーブルを置いとけばOK

十干のテーブルを横に置いといて(実際はどっか別のシートにしておけばいいよね)、9番目が壬だから9としているわけ。9行1列なんで9,1ということ。

でもこれだと、2022年以外にうまくいかないので、2022が入力されているG3という変数を使って、G3-2013=9となるようにすればいいということ。

でもこれだと、西暦が2014~2023年までしかうまくいかない。その範囲だけ、G3-2013が1~10になるというわけ。

で、使うのがMOD関数。これはたとえば、MOD(G3-2013,10)とやると、G3-2014を10で割ったあまりが出る。すると値が0~9なんで、2023年のときに10じゃなくて0になって、ちょっと表とあわないよね。

だからMOD(G3-2014,10)+1とするわけ。すると、2023年が10になる。

さらに、2014年よりも以前に対応するために、とりあえずG3-2014ではなくてG3-14にしておけばいい。

同じように十二支もやるとこんな感じ。

ふぅ~先生
ふぅ~先生

これで、年干支だけは、自力でだせるよね

みぃ~さん
みぃ~さん

やだ~面倒~

でも、エクセルでやるとこーなるんですね。

こんな関数とか表とか使ったことありませんでした。

なんか、恰好を気にしなければ、エクセルで

ほんとに占いのソフト作れそうですね♡

みぃ~さんも調子がでてきましたねぇ。いい感じだ。

その調子で、月や日も挑戦してくれるといいんだけど・・・いつになることやら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました