立春、そしてさすが中国、オリンピック開会式はすごかった

日記

夜9時から開催された、冬季オリンピック、さすがは中国、きれいでしたねぇ。

やっぱりチャン・イーモウ監督でしょう。そりゃあ色彩がきれいにきまってますよね。

最初の映像のカウントダウンが、二十四節気てのが憎いですね。

試合自体は昨日もやってたけど、そっか、今日は立春ですからね。さすが。

中国の古代文明からの歴史の積み重ねは、常に世界から尊敬の目でみられてきたものの、占いをやるものをのぞき、というべきか、陰陽五行で中国の思想は退化したと批判する哀しい輩もおおいです。

さらには、外交ボイコットなど、まぁいろいろありますよね。

でも、やっぱりきれいなものはきれいです。

そ、立春は占いの人だけかな、1年で最初の日とあつかうのは。

世の中、正月があって、旧正月があって、中国の旧正月、春節があってと、大体3つの「正月」にかかわるはめになりますが、そこにプラス、季節に関するというか、太陽の軌道に合わせてというべきか、二十四節気として、四柱推命で1年の始まりは立春です。

こんな大事な日に、そう、あらためてそのカウントダウン映像をみることができたのは、なんだかうれしい気分になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました