クラビノーバ、新規販売停止中と聞いてびっくり!

日記

星野源の音楽の話に刺激され、久しぶりに電子ピアノ、ヤマハのクラビノーバを弾くも、時々電源が入らなかったりして超不調。

やっぱりときどき触ってあげないと、ご機嫌斜めになるんでしょうかねぇ。

ということで、ひさしぶりにヤマハのお店を訪ねてみることに。

いってみると・・・なんと、CPUの生産が追い付かず、現在クラビノーバ販売停止!

ま、エレクトーンも停止なんでしょうね。

パソコンや車では聞いていたけれど、電子ピアノでそれがあるとは・・・。

もともと私は、エレクトーンあがりのピアノ育ちというか、子供のころは、「あー合唱の伴奏はピアノやっているひとじゃないとむりだなぁ」とか憧れと嫉妬をもってみていたのもあり、大人になってピアノを習ったくちだ。

なので、ちょっとジャズとか、メンテも考えると電子的なものがいいとそっちを選択。もう長い。

そろそろ買い替えかなと思っていたところだ。

しかも、自分がもっている楽譜の多くは、なつかしのフロッピーディスクで伴奏音源があるというダイナソー時代のものだ。

いまはどうなっているって、まぁ当たり前だけど、ネットでダウンロードしてUSBだそうだ。

もう昔の楽譜は売ってないみたい。これは残念。

いまある古いクラビノーバも捨てがたいなという気がしてきた。

廃棄について、新しく買うときは下取りしてくれるかとおもいきや、世の中甘くない。しっかり1万円とるんだって。

これだったら、粗大ごみにしてだしたほうが安いなぁ。

時代もかわっていった。

ちらっと、幼少期の思い出としてエレクトーンをみると、うん、やっぱり魅力ありますねぇ。

スピーカーが命だなとあらためて思いました。

だったら、ヘッドホンでやるのももったいないし。これだったら、完全防音の部屋がほしくなるなぁ。

そういえば、このまえ、サウナの番組でよくみるヒャダインさんが、岡崎体育と音楽番組やっていた。

ちゃんとアイドルの女の子が作曲できてたりして、あー音楽指導やっているんだなと新鮮だった。

ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック
スマホ1つ、パソコン1台で音楽を作り、ネットを通じ世界中の人に聴いてもらえる今。ビリー・アイリッシュを始め、気軽に投稿した曲がきっかけで世界的スターになる10代20代が続々登場している。そこでD.I.Yスピリッツで曲を作り、世に名を知らしめたヒャダインと、同じくその道を突き進む岡崎体育をMCに迎え、今の音楽を取り巻く素...

そろそろ、自分の中の音楽を呼び起こしてみるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました