愛と平和の四柱推命、もう金儲けや他流派批判はやめよう

日記

日曜の昼下がり、推命庵で一人、ゆっくりと物思いにふけりながらネットをぱらぱらとみていると、うーん、なんかこう、四柱推命のサイトって偏ってますね。

もっとこう、ラブ&ピースってのがあってもいいような。

1つはそう、一見ピンク系のスピリチュアルな感じで、幸せそうなんだけど、いつもセミナーや鑑定ページに誘引するもの。イベント告知ばかりとか。こんどはこのレッスン、今度はこのイベント。という感じで。

もうあんまり人に教えるのばかりやると、その流派で指導してよいという免状をもらったのか?と攻撃される。だからどうするか。なんか個人カウンセリングとかなんとか、違う方向にするんですよね。

あとビジネスアドバイス的なものも。

それかもう、唯我独尊、とにかくわしの流派じゃぁ~、ほかはだめじゃぁ~という感じにすれば、自分が創始者なんだから、だれに許可をえてなんてことはなくなる。

なんですよね。

そのためにどうするか。他人との差別化を図るため、他人を批判し始める。

なんだろう。こう、ウクライナのことがあるからじゃないけど、戦争より平和かなとおもっている今日この頃です。

だって、既存の流派の人たちは、それなりに時間と労力、お金をかけて、そして鑑定をたくさん行って経験を積んで、そして得られたエッセンス、上澄みの一番おいしいところを生徒さんに教える。

で、教わった生徒は、これ幸いと、そこだけをコピペして、他人に教え、金をとる。

うーん、いや、コピペされた人も商売を邪魔されていやでしょうし、そんなぺらぺらしたもので教えられた孫生徒というべきか、その生徒さんもかわいそう。

かといって、なんでも金、金、金、権威、権威、権威と、各流派がそれぞれがんじがらめにやっても、すそ野はひろがらない。

もっと他流派への尊敬の念をもちつつ、愛のある活動をするべきなんでしょう。

ま、鑑定をするだけの人はまだいいですよね。でも、セミナーや教室をやるというのは、ほんと、この業界はセンシティブです。そりゃそうでしょう。

いわゆる、商売でいうと、のれん分けのようなものをすべきところを、金も払わず勝手にやるんでしょ?

なので、こう思いました。うん、やっぱ、ちゃんと教わりたい人は、みんなが認める団体のなにがしかに会費を払って、ちゃんとどうどうとならって、免状をもらったらいいと思います。ただ、結構時間もかかるし、お金もかかります。

占いについては、かつての昭和の時代にくらべれば、桁1つ下がるくらいで、まぁトータル100万~200万円くらいで独立できるでしょう。5年はお世話にならんとね。

でもそれがいやなひと、いますよね。ホームページでみて、そこに全部載っていることは、まぁそれやると、その商売の人がおこっちゃうので、やらないですよね。

で、どうするか、そうね、やっぱり本買いますよね。それである程度分かったら、ほどほどの四柱推命の教室、なんでしょう。カルチャーセンターでいいとおもうんですけど。そこでやればいい。

それでも物足りないとなったら、すると、本をだすレベルの師匠さんの団体にアクセスして、入会すればいい。

ま、こんなものでしょう。

やっぱり、そういうことをやる人は、もうそれで成立しているんだから、うん、えらい、がんばれ、尊敬します、という気持ちを私ももたないとなぁと、だんだん丸くなってきました。

他流派の人には愛をもって、戦わず、平和主義。

そして鑑定を希望するお客さん、あるいは教室(いまやってないけど)の生徒さん、普通に「ふぅ~先生教えて~」とすがってくる近所のみぃ~さんやりんさんなどなど、推命庵にかかわる皆さんには、これまで同様、基本的には雑談をするお茶会で、ほんとに習いたかったら、本や教室を紹介するスタンスにしようかなと思います。

それで、本に書いてあること、サイトに書いてあること、鑑定してもらって気になったこと、そういうことがあれば、私が閑で気が向いたら、答える、そんな感じでいいですよね、みぃ~さん、りんさん。

みぃ~さん
みぃ~さん

ふぅ~先生、今日は結構語りますね。え~もちろんですよ。私も今、資格試験の勉強もいそがしいですし、時々、占いの話が聴けたら、モチベーションもあがるし、自分で勉強するときに指針にもなりますから。

りんさん
りんさん

あら、今日は日曜日なのでオールスターですね。3人ですけど。はい、もちろんですよ。私は4月からちょっと離れたところに引っ越しするので、たまに週末にお邪魔する程度と思いますが。

昔、「売らない占い師」ってありましたけど、ちょっと違うかもしれないけど、いまはそんな気分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました