四柱推命できるおじさんはモテない?

日記

占い師って、まぁ四柱推命でも何でもいいんですけど、男性はモテると思います?

若い男の子は、占星術だとかっこいーってなるかもしれないですよね。

でも、四柱推命だったら、うーん、渋すぎるし、今どきの人は、「なにそれ?」となるかもだしなぁ。

もてなさそう。

やっぱり占師って女性のほうがいいかな。四柱推命については、もうこれは僕の独断と偏見だけど、おばちゃんがぴったりな気がする。

タロットも女性がいいかな。手相はおじいちゃんにやってほしい。中年おっさんの鑑定は、ほんといや。

もうこれはなんの根拠もない僕の好みですよね。

もはや、占師というより、客側の感想になってしまいますが。

そう、男性であるという時点で、僕は占い師としてはディスアドバンテージだとおもう。

おっさんが水晶玉あれこれやられてもねぇ。

タロットも女性のほうがいいなぁ。ミステリアスな感じ。

あんまりおばちゃんだと怖いから、優しい人がいいけど。

易占、こっちはね、おじさんはいいよね。女性にはちょっとやってほしくない。

ただ、じゃあ占いの教室の先生は、というと、これはやっぱりおじさんがいいですねぇ。

占いのなんとか協会の会長ってのも、できれば白いひげをしたおじいさんであってほしい。

ただね、独立して占うんじゃなくて、占師が複数人やとわれて、そこで占う場合、その占いの館がすでにミステリアスだし、どうせ名前もミステリアスにしますし、写真もいい感じに怪しい雰囲気出しているので、占いしてもらおうっていう雰囲気が出来上がっている。

これだったら、中年男性でもいいし、実際男性もちらほらいます。

ネットでやるときは、そうですね、結構、プロのお客、というとへんだけど、自分の命式を複数の占師に見てもらったりして、知り尽くしながらも、どうも信じられないとか、不安になるとかで、またみてもらうってこだわりさんがおおいかもしれませんね。

だから、そういうときは、おじさんも悪くないかも。

よく考えたら、占師が信用できるかどうか、いきたいかどうか、というのが、年齢や性別や外見で決まるというのはへんな感じですが、知らず知らずのうちに、我々はステレオタイプなイメージが刷り込まれているんでしょう。

火曜サスペンス劇場とか、なんか昔ながらのドラマで刷り込まれたのか。。。

一般的な、会社とか、友達同士の飲み会とか、カップルとかで、「実は僕、占えるんです」といったらモテるかどうか。どうなんでしょう?

女性陣の前で僕が告白したときは、バカ受けで、大量に命式をみる仕事が舞い込んでしまいました。。。

ただ、カップルでとなるとね、というかそもそも、それでモテるかどうかは関係ないかもしれませんね。

ただ、僕、婚活したことあるんですけど、いまはやりのネット婚活ですね、あのときって、ずいぶん相手に警戒されます。

なんだろう、そういう占いでだましてくる男性がいるみたいで。どうやってだますのか知らないけど。

あと、資産運用とかに持ち込む男性もいるとかで、僕もやっているから、なんかうかつに占いとか不動産とかいわないほうがいいなと、ちょっと自己規制かけてます。

悪質占いサイトに注意!詐欺出会い系業者と手口は同じだ!
悪質出会い系サイトの運営悪質占いサイトの運営手口は同じだ!本日は、詐欺出会い系業者が運営する悪質占いサイトの手口を紹介する。 悪質出会い系サイトやアプリを運営している業者はお金が儲かる事であれば何でもするような人間の底辺のような生き物の集ま

占いサイトも結構怖いんやね。

なにか、占えるととかいうと、別のサービスが紹介されたりなんたりと、警戒するんやろうね。世の中こわいサービス多いからな。それと一緒にされたらたまらん。

そもそも、彼女といい感じになろうというときに、その相手が占師だったら、それ、うまくいかなかったら占師の腕の問題だし、うまくいったところで、それ占いの力使っている?ってことになって、どっちにしてもややこしいことになるよね。

星の王子様ニューヨークへ行くで、王子様で大金持ちであることを黙って付き合ってたエディ―マーフィーを思い出す(古いか)。

というか、いま、アマゾンで見たら、アマゾンオリジナルの2021年のやつがあるんやね。

びっくり。今度暇な時に見てみよう。

星の王子 ニューヨークへ行く 2
アキームとセミが帰ってきた!舞台は緑豊かなザムンダ王国。新国王アキーム(エディ・マーフィ)と忠実な友、セミ(アーセニオ・ホール)は偉大なるアフリカを出て、すべてが始まった場所、ニューヨークのクイーンズ地区へと再び旅立つのである。新たなドタバタと冒険の旅が今、始まる。

ということで結論、いや、もてんでしょう。もてたとしても、「私のこと占って!」て、一時的にかまってもらえるだけに決まってる。

あわよくば、それをきっかけに仲が深まる、となればいいんですけどね。

少なくとも僕は、うまくいったためしがない。ちょっと話題のひとつって感じだったかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました