今年も終わろうとしている

日記

早いもので、今年も今日で終わろうとしている。

大晦日だ。

やれ、歳神様だので、31日にしめ縄は怒られるとか、29日は苦しいとか、だから28日にしめ縄したいけど、大体29日から休みだからまだあんまりやっている人いないし。

じゃあ30日でいいの?なんか遅すぎだけど、でもその日がダメとは誰も言わない。

とかどうこうしているうちに、買いそびれてしまった。

実際、海外ではない風習。日本だけ霊界がそうなっているとも思えない。

結局のところ、みてくれ、見せたいだけ、批判されたくないとか、日本社会に対しての立ち位置としての習慣しかない。

自分だけのためなら、みえないところに結界をはればいい。

最近、ずいぶん肩から力が抜けてきた。

暦は占い師にとって重要だが、もう普通の生活だと、そんなことより、大掃除しなきゃとか、そんなほうへ気が向く。

そう、年賀状もずいぶん古くなってきたものだ。

今は、仕事仲間にしてもプライベートにしても、女性の住所を聞くだなんて、もうプライバシー侵害も甚だしい。

世知辛い世の中になったものだ。

なにか、帰りに、女性と「じゃあ同じ方角だから」と一緒に帰ろうとすると、すごく警戒される。

以前、占いの教室の生徒から相談されたことがあった。

ほかの教室で、一緒に帰りたがる男性がいるけど、断りにくいと。

別に嫌いじゃないけど、どこまでついてくるんだということでしょう。

偶然家が近かったら、それこそ、家が特定されるとか、そういうことか。

昔は気にもしてなかったことだ。

なので、うちの教室でも、あまり年賀状のやり取りを強制はしない。

いまはSNS時代。あけおめのtwitterでずいぶんサーバーに負担をかけるようだし。

バルスほどじゃないけど。

年賀状は、関係が薄くなった人間とも、年に一回はつながっておきたい。そういうことだろう。

恋人じゃあるまいし、別にSNSであっても、疎遠な人とはやりとりしないものだ。

だとするといまどきのあけおめは意味があるかも。

ただ、あまり付き合いのない人にあけおめはやりづらい。

やっぱり年賀状のような、多少真面目でやらされている感のある媒体のほうが、そういう疎遠なものとのつながりにはいいのかも。

フェイスブックも真面目なツールだ。あれなんか年賀状の代わりになるのか。

はたして、占いもどこまで生き残るのか。

このコロナの時代、スピリチュアルはご時世ということもあり抑え気味だが、占いだけはまだ生き残り、テレビ番組でも扱われる。

どうだろう、最近は、よい占師ほど、単純にカウンセリングに徹しているようにも思う。

ついでに、占いの結果もピックアップして伝えたりとか。

できれば、占いの研究的なことももっと深まるといいのだが。

必ず、占いの本では、文献引用なんかしない。それだと、オリジナリティがないということか。

必ず、他流派を批判する。そうしないと自分の流派の正当性が担保されないからか。

ひとそれぞれ、みんな正しいとなると、価値が薄まるとおもうのか。

それでも、占いにはしっかりとした理論があるし、研究対象としてはふさわしい。

残念なのは、文献をあさっても、そこに答えがないということ。

合理性とか、別の観点から検証しなくてはいけないところが限界ともいえる。

まぁいい、どういう切り口があるか、来年からすこしずつ考えるとしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました