四柱推命と確率論

日記

各命式に必要な用神は何か。奥義のようにして実際基礎中の基礎、というか、これがわからなくては何も始まらないものです。

日干がどのくらい通根しているかで、命式の身旺、身弱を判断する。

大体、根が2つ以上なら身旺、1つなら身中、0なら身弱と考える。

なぜ?

単純に地支だけを考える。それぞれ1つの五行が選ばれるのは確率1/5だ。

日干と同じ五行が1つもない確率・・・(4/5)X(4/5)X(4/5)X(4/5)=0.4

日干と同じ五行が1つある確率・・・・4X(1/5)X(4/5)X(4/5)X(4/5)=0.4

日干と同じ五行が2つ以上ある確率・・0.2

こうして考えるとですね。見弱をもし1つ以下の根とすると、8割の人が見弱になってそれはバランスが悪い。

ふつう、この世の中、身弱は半分より少ないでしょう。という感覚を表現したければ、1つも根がないのを見弱と考える。

理屈からも、すんなり受け入れられる。

2つ以上は、2割だけ。これって、パレートの法則の8:2と考えてもいいだろう。

2:8 の法則(パレートの法則):上位2割で合計の8割を占める|戦略用語を考える - GiXo Ltd.
目次1 世の中、偏ってるのが普通なんです1.1 上位2割で全体の8割1.2 実際、どういう風に使ってるの?1.3 で、何が分かるの? 世の中、偏ってるのが普通なんです 各...

つまり、身旺って社長の風格なんで、そういうエリート層が2割、それで凡人たち8割を支えるという、これも直感的になるほどという数字だ。

そう、だからこの身旺、身弱の定義はしっくりくるわけ。

それでいうと、月支というのは1つあるだけで3つ根っこがあるのと同じなわけだ。

となると、その月支の特別ルールがなければ、計算は省略するけど、確率としては0.05なんですよ。

これはね、ちょうど2σの法則なんですね。

1σ、2σ、3σの意味と正規分布の場合の確率 - 具体例で学ぶ数学
1σ、2σ、3σ区間の意味と正規分布の場合の確率について分かりやすく説明します。

3σは0.3%なんで少なすぎです。

2σは5%なんで、有意水準の5%など統計の検定で使われる確率なのでしっくりきます。

月支ってもうほぼ悪神決定なんですよね。実は。

さらに、日干と月支と五行が一致すると、もう限りなく悪神なんだ。

月支が3倍という2つ目の理由は、月支以外の地支が3つあるからともいえる。

地支だけでバランスをとる必要もないのだが、根だけを考えると、まぁそのくらいきつめに月支を評価したほうがいい。地支だけでトントンってイメージで。

もちろん、地支だけでなく天干にもよい五行、つまり用神は来てくれたほうがいいのだが。

そして3倍ルールの3つ目は、前にも触れたかもしれないが、月支を3ポイント、それ以外を1ポイントとして8つの字のポイントの合計を取ると10ポイントときりがいいから。

さて、身旺、身弱の定義として、身旺を日干の通根2つ以上と表現しました。

するとですよ、たとえば甲日春月の木の4ポイントをどう丙で漏らすかということになる。

丙の通根が2つだと、また丙だけで身旺となりかねないからバランスが悪い。

火が4つも必要となると、命式の半分を火が埋めることになる。

やはり、天干2つで地支1つか、天干2つで地支2つくらいの火でちょうどバランスが取れるだろう。

あと、調候用神として癸を入れるというのが甲日春月の用神だった。

こういう風に用神の強さを考えればよい。

辰月となると、春月ほどには丙を用意しなくていい。まぁ2つもあれば十分だろう。

癸もいらない。辰月に水が入っているから。

もし金を使うにしても2つまでだろう。

こういう四柱推命の力量論を考える場合に、なぜここは根が2つなのか、ここは3つなのか、というのはたぶんに確率論から導き出すことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました