自分は人並みにはアルコール飲めるんだなということに気づく

日記

ひさしぶりに、がっつり白ワイン飲みました。

昨日と今日とで、三リットル。あーこんなに飲めたんやと思いました。

あんまり安いものもどうかなとおもいつつ、一度がっつりいってみよーと、パックの三リットルを購入。

そっか、これが飲めるんだったら、いいワインのボトルを一晩で飲むのはそんなに難しくないな。

ほんとはなぁ、「ワイン一年生」という本にある、最初の最初の、白ワインの定番を飲み比べるというもので、シャルドネと、リースリングと、ソービニヨン・ブランの3つを区別できるようになること。それが基本ってあったんで、それやりたいんだよな。

今度やっぱり3本買ってみるか。

難しいのはリースリング。あんまいのもあるからね。でも本当はそんなに甘くないはず。

ドイツの白ワインって、なんかクロネコのやつがコンビニではやったのもあって、甘い、って印象がつよいけど。。。

フランケン地方のワインは、全然辛口のいいワインだからな。ボックスボイテルだったかボルテルだったか、まるでコーラのボトルみたいに、シルエット自体が特徴的で、いいやつなんだよね。

あまりにフランスやスペインがすごすぎて、ドイツはもうビールしかないと思われがちだけど。

とかいろいろ思いつつ。そだな。今度、人間ドックやったあとに、解禁でまたがっつり飲んでみるか。

こうした、3点倒立じゃないけど、3つ点があれば、平面で物をとらえることができるんで、これって重要な発想なんだよね。

たとえば、占いを1つの点、それだけだとしんどいので、ウェブなどで記事を書く仕事をやるとか、それはライターとしての点になるわけ。でもそれだと直線しかできない。

だから3つ目に何かを置く。結構趣味の延長でもいいかなと思っている。ま、いろいろ候補はあるんで、すこしずつ育てていくかなぁ。

うん、そんなことを思いながら、3種類のワインを飲み比べ、いいね。今月末、うんと3月の頭くらいにやるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました