冬至ですねぇ~

日記

今年の冬至は22日水曜日。今日です。

さっそくみぃ~さんはスーパーでゆずを買ったご様子。

みぃ~さん
みぃ~さん

ふぅ~先生、今日は冬至ですねぇ。ちょっとゆず風呂にとゆずを大量に買っちゃったんで、先生にもおすそ分けしますよ。

ふぅ~先生
ふぅ~先生

いや~ありがたいありがたい。最近寒さがこたえるからねぇ。ありがたく受け取りますよ。でも冬至ってどんな日かご存じ?結構中国の暦とも縁が深いんですよ。

え?っとみぃ~さん。冬至っていうと、単純に、日が一番短いんでしょう、というお答え。

みぃ~さん
みぃ~さん

だから朝の出勤時もすっごく暗~い感じで、あ~早く日の出が早くならないかなぁって。なので明日から楽しみです。どんどん早起きしやすくなりそうで。

いやいや、ちょっと待ってください。みぃ~さん。冬至は確かに一年で一番日が短いし、それを利用して中国の暦も基準日として大切に扱っているわけなんですが、かといって、日の出が一番遅いわけではありませんよ。

たとえば東京の日の出を見ると、12月22日は6:47が日の出ですが、実は一番遅い日の出はもっと先で、年明けの1月1~13日の6:51なんです。

日の入りもずれてくるから、こんなややこしいことになるんですね。

ですから、もし早起き、ということでしたら、年明け、1月の中旬くらいからがんばれば、だんだん日も上がりやすくなって、明かりで目が覚めていいリズムができるかもしれませんね。

ちなみに、西洋の暦は、冬至ではなく春分あたりを基準にしているらしいですよ。

なにやらキリスト教の復活祭の日が、春分を基準に作られているとかで、とっても重要らしいです。

ふぅ~先生
ふぅ~先生

四柱推命は旧暦で占わないとだめ、という人もいますが、それは月の定義の時、節入り日を考える時は正しいですが、1年の始まり、ということで考えると、どちらかというと太陰暦というより太陽暦をとるというべきです。太陰暦と旧暦が同じか、というのも、厳密にはややこしいんですが。。。

このあたりは、確かにややこしいですが、春分の日が占いの1年の始まりですから、年干支を出すにあたってはとても重要ですし、あぁ、太陽の動きが重要なんだなと感じることと思います。

ま、ともあれ、カボチャをたべたり、ゆず風呂に入ったりして、まずはゆっくり体を温め、早くねることとしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました