四柱推命事始め#1 甲日春月生まれ

四柱推命事始め

あけましておめでとうございます。

新年あけて、うーん、やっぱり四柱推命のこと、いろいろと見直してみたいなという気分になってきました。

なんでも習慣、ということで、今日から、生まれ日の日干と、生まれ月の月支の組み合わせで、1つ1つ見ていくことにしましょう。

まずは甲日。五行の木ですね。さらに春月(寅・卯月)生まれとなると、春は木なので、当然身旺となります。月の細かいところはみません。比肩とか劫財とかいいません。

まぁ、力強いですからね。リーダー格というか。

根がしっかりあることになるから、運勢は強いとみるべきです。

ただ、春はほんとにぐいぐい枝も根っこも伸びますからね。これ、もし水がなくてからっからだったらどうなるか。はりぼての木ですよ。

ぽきっと折れます。神経性、精神疾患ですね。

心が折れるというやつです。

春の五月病をイメージしてもらうとわかるでしょうか。さらに庚辛など金が、しかも根っこに来ていると心配ですね。

仕事で、上司にいじめられたり、家庭内暴力までは言わないにしても、主人にいじめられたりと。

あとは太陽が照ってないと、光合成できないですから、木は育ちません。

五行の中で、木だけが生物、生き物です。生きるためには太陽と水が必要です。

しっかり温まり切れてない寅月なんかは、丙であったまってないと何ともなりません。

また、丙は花とも言えます。花が咲いていたら「きれいだな」と思えるわけで、それがなければ、だれも大事にしてもらえません。

女性の場合はこうやって「花」と丙を表現し、男性の場合はこうやって「太陽」と丙を表現します。

いずれにしても、丙はあるに越したことがありません。

あとは水。水分が通っていると、枝を曲げようと思っても粘りがあります。

からっからに乾いた、ドライフラワーに使うようなものは、ぽきっといきますね。

それはだめだ。精神的にしんどい人間は、自分自身が、想像している自分より現実がダメだから、どんどん自分を攻撃していく。

さらに、それが派生して、周りの人も攻撃していく。まるでサボテンのように、水がないととげになって相手を指すという感じ。

通変星的に考えると、比劫星が旺じているから、漏らすのが一番。

漏らすとなると、火、ということで丙が欲しいというわけ。

ただ、十干の性質を考えるとこれだけではだめだ。

植物ということを考えると水は必要。

これを通変星だけで考えると、旺じているのに水でさらに強くさせるとまずいのでは?とおもうかもしれない。

しかし、植物に水を上げないというのは、どんなにしっかり育つ大木でもだめになります。

このあたりの用神の決め方が、通変星だけでは決まらないポイントといえるでしょう。

あとは、林業において、チェーンソーで、あるいは斧で大木を切り倒すわけなので、無駄に金があるときびしいというイメージはあります。

土は?というと、あまり気にしなくていいでしょう。土があればエネルギーをそぐことができるといいますが、よく考えてください。水耕栽培などをみると、土が無くても水と太陽だけで育つわけです。

このあたりも、自然界の物理法則を見直せば、本来どうあるべきかわかるというわけです。

全体の命式は八つの字があり、特に月支は強いですから、月支をほかの字よりも3倍強い、例えば3ぽいんと考えると、全合計は10ポイントになり、計算がしやすいです。

甲日春月という時点で、1+3=4ポイントあります。残りは6ポイント。それぞれの5行で割り振ると1~2ポイントずつとなりますが、今回、土はどうでもいいので、用神である丙と水、特に丙があるといいわけだから、理想はどうなると思いますか?

木のポイントに負けないくらいの丙があればよい。2ポイントはほしいですね。できれば3ポイント。そして残りの1ポイントが水だと一番いい。

ただ、水といっても、大洪水はまずいです。癸くらいがいいですね。

春はまだ寒いので、近しいところに水があると冷えてしまう。

やっぱり月干に丙がいいですね。そして地支にも巳午未のどれかがあると。それがいいです。丙2つはいかついので、丙丁、あと午とか。

金は来てほしくない。ひやすし、根っこを切られる。

特に地支はやめてほしいところだ。

水は軽く癸くらいが時干にあるのがいいか。あとは適当に土があればいい。

◎寅月生まれ

岩佐真悠子(1987年2月24日10:38) #1

◎卯月生まれ

佐藤栄作(1901年3月27日8:00) #2

土屋アンナ(1984年3月11日6:35) #3

藤森慎吾(1983年3月17日2:00) #4

コメント

タイトルとURLをコピーしました