エクセル de 推命 #2 ・・・干支カレンダー

エクセル de 推命

世の中には、調べてみると、干支についていろいろなサイトがあることがわかります。

そういう気持ちで探すとね。

たとえば、電卓で有名なカシオは、生活のいろんなことを計算できるホームページを持っています。

そこに、干支カレンダーってあるんですよね。

干支カレンダー
現行年月から干支カレンダー(日の干支、月の干支、年の干支)を計算します。

たとえば今月、2023年1月とやると、こんな感じ。

いやいいですね。たのしそう。

これが自分で出来たら楽しくないですか?

なんかできそうですよね。

とりあえず、2023年1月1日の日干支が己未、月干支が水の絵子、年干支が壬寅となっていることに注目。

まず、立春(節分の次の日)から2023年の干支である癸卯が始まります。

だから1月はまだ前の年、2022年の干支、だから壬寅というわけ。

それから、月も節入日から始まるので、1月は6日の小寒からです。

月に二十四節気は2回きますが、その1つ目が節入日で、そこから月が切り替わります。それまでは前の月の続きというわけ。

あと、日の干支は延々と続くだけです。

まず順番から言うと、普通の日付と曜日を1週間分つくって、土曜日を青く、日曜日を赤く塗って、

それをオートフィルして1月31日まで作ってみると。

簡単ですねぇ。次に、1月1日の干支を入力して、小寒の手前までオートフィルして、

となる。これはちょっとてこづったかな。

だって1行だけだったら、同じものがオートフィルされるだけなので。

年と月はそれでいいけど、日は進まないとだから、まずは六十干支を事前に作っておきました。

&で結べば、文字列を結合できるんですね。

それで、とりあえずはここから、1月1日の己未からの分をコピペです。コピーは「値の貼り付け」にしないとですけど。

そのあと小寒の干支を入力して、1月は完成というわけだ。

いや~簡単だけど、こうやって、いままで占いで使っていた万年暦が、まさに手元のエクセルで作られるというのは感慨深いものだ。

こんなことやってみようと思いもしなかった。

とはいえ、まだおこちゃまレベル、少しずつレベルアップしていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました